不貞・不倫相談・不貞慰謝料請求・不貞示談書作成サポート。無料メール相談実施中。法的次元のみならず、心理的なケアにも配慮。ご相談者のお話をじっくりとお聴きし、事情に応じた的確な書類作成を行います。

不倫の慰謝料を請求したい方、不倫の慰謝料を請求された方、まずは無料メール相談から。慰謝料請求の方法や示談書の作成等の御相談に応じます。対話と癒しに目を向けた行政書士事務所です。

ご相談の流れ

ご相談の主な流れ(不貞慰謝料請求・減額サポート)

面談相談

★事務所又は指定の場所にお越しになれる方

1.まずはお電話(0797-26-7274)
お問い合わせメールにてお問い合わせください

お問い合わせ

業務内容や料金に関すること、疑問に思われている点など、なんでもご相談ください。
事実関係の把握が難しいため、その時に法律判断を交えたアドバイスはできません。


お問い合わせの際に、お名前・御連絡先・ご相談概要を伺います。

            つぎ            

2.ご面談日時のご予約をしてください。

ご面談

プライバシーを確保するため、原則、当事務所にてご相談頂きますが、ご希望の場合には、ご指定頂いた場所へ出張も可能です(交通費別途請求)。
土日祝や、お仕事終了後等のご相談にも柔軟に対応致しますので、お気軽にご相談ください。

            つぎ              

3.ご面談を行います

お客様の現在の状況をゆっくりとお聞きして、お悩みの問題点を整理します。そして考えられる解決への道筋、方向性についてお話します。
書類作成にかかる費用について概算をお見積りいたします。


相談料金(1時間 5,400円)は当日、現金にてお支払ください。

            つぎ            

4.ご依頼いただく場合には、所定の期日までに料金をお振込いただいてからの業務受任となります(頂いていた相談料は報酬額に充当しますので、報酬額から相談料を引いた額を請求致します)。
受任の際に、業務内容や報酬額を記載した「業務委任契約書」をお渡ししておりますので、お読みになった上で、署名・押印をお願い致します(郵送でのやり取りでも可能です)。



充実した面談を行うため、相談時間は1時間程度を確保し、関係のありそうな資料をできるだけ持参してもらいます。
事案によっては、相談前に時系列で事実関係を記載した文書をお送りいただいています。


メール無料相談の場合

1.無料メール相談フォームにて、相談内容を送信
不倫相談

            不倫相談

2.当事務所より1~3日以内に回答を差し上げます。
不倫相談

            不倫相談

3.疑問点などあれば質問して下さい。無料メール対応は2往復となります。
行政書士からメールにて回答

            不倫相談

4.行政書士からの最終回答となります。

            不倫相談

5.継続してご依頼される場合にはご相談ください。

解決への道筋や方向性を知りたい場合などにご利用ください。
資料や証拠、書類などをすべて当事務所にお送り下さい。
FAX,メール添付、郵送その他の方法で可。

無料メール相談は原則メール2往復までとなります。
出来るだけ早いお返事を心がけますが、御相談が集中することもある為、3日ほどお時間をいただくこともございます。

お問い合わせ

a:499 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional