不貞・不倫相談・不貞慰謝料請求・不貞示談書作成サポート。無料メール相談実施中。法的次元のみならず、心理的なケアにも配慮。ご相談者のお話をじっくりとお聴きし、事情に応じた的確な書類作成を行います。

不倫の慰謝料を請求したい方、不倫の慰謝料を請求された方、まずは無料メール相談から。慰謝料請求の方法や示談書の作成等の御相談に応じます。対話と癒しに目を向けた行政書士事務所です。

慰謝料請求の要件

慰謝料請求の要件

一般的に慰謝料とは「不法行為によって受けた精神的損害を償うための金銭」のことです。

不倫相手の行為は「婚姻共同生活の平和の維持という権利または法的保護に値する利益」を侵害するものとして損害賠償(慰謝料)請求が認められています。

そして、その慰謝料を請求するためには、次の要件を満たしている必要があります。

概略を説明すると、

  • 不倫相手が、相手(あなたの配偶者)に配偶者がいることを知りながら肉体関係を持つこと、
    また注意すれば相手に配偶者がいることを知ることができたのに、不注意により独身者だと信じて肉体関係をもつこと、
  • 家庭生活上の平穏を破壊するなどの違法性があること、
  • 配偶者と不倫相手の不倫により、あなた(被害者)の精神的平和が乱されたことに因果関係があること、
  • 婚姻関係が破たんしてなかったこと

以上が、慰謝料を請求できる要件となります。

ご自分では判断に迷う場合には、行政書士にご相談ください。
詳しい状況をお聴きして、慰謝料を請求できる案件なのか、また、どのくらいの慰謝料額が請求できるのか、過去の判例等を含めて検討致します。

慰謝料請求の時効

また、忘れてはいけないものに、時効があります。
一般的不法行為による損害賠償請求権は、行為のあったときから20年か請求する相手が判明してから3年のいずれか短い方で時効消滅します。
不倫も不法行為の一種なので、不倫の加害者(不倫相手)と損害(不倫)を併せ知ったときから3年経過すると、この時効についての規定が適用され、慰謝料請求権が無くなります。
不倫があったことと、相手を知ってから3年以内に、期限が迫っている場合は特に内容証明郵便にて慰謝料の請求をし、ひとまず時効を中断させる方法をとることをお勧めします。
詳しくは行政書士にお尋ねください。

a:496 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional